お手入れについて

<革製品について>

 簡単な汚れは、乾いた布で拭いてください。
● 頑固な汚れは、柔らかい布に皮革用クリーナーを小量つけて拭きとり、その後乾いた布でから拭きします。革によってクリーナーが合わず色落ちやシミになる場合があるので、目立たないところでテストしてから使用してください。
●ベンジン等のアルコール系の溶剤は絶対に使用しないでください。
●洗濯は絶対にしないでください。
● 保管する場合は、から拭きをしてから、温度・湿度の低い、風通しの良いところで保管してください。

 ● 保管する場合は、から拭きをしてから、温度・湿度の低い、風通しの良いところで保管してください

洋服に摩擦したり、汗や、日焼け等によっても、色落ち、変色することがあります。特に雨天でのご使用は十分注意してください。水に濡れると色落ちやシミになったり、皮の風合いをそのなう場合があります。
雨に濡れたままにしておくと、カビが生じる原因になります。
拭きとってから、直射日光を避け、風通しの良い場所で陰干しをしてください。

天然の革製品には「血筋」「キズ」「シワ」とよばれる線(筋)が現れる場合があります。これらは天然の革を使用している証でもあります。
製造時に発生する傷とは異なり、不良品ではございません。
了解した上でご愛用頂けるようお願い申し上げます。

<合成皮革・塩ビ製品について>

●簡単な汚れは、乾いた布で拭いてください。
●頑固な汚れは柔らかい布に中性洗剤を水で薄めたものを含ませ、絞ってから拭いてください。
●ベンジン等のアルコール系の溶剤は絶対に使用しないでください。
●洗濯は絶対にしないでください。


●保管する場合は、から拭きをしてから、風通しの良いところで保管してください.

 

<ナイロン・布製品について>

●簡単な汚れは、柔らか目のブラシで落としてください。
●頑固な汚れは柔らかい布に中性洗剤を水で薄め、それをつけたブラシでこすりながら、乾いた布なので汚れた洗剤を吸い取っていきます。
●ベンジン等のアルコール系の溶剤は生地の加工を傷めますので絶対に使用しないでください。
●洗濯は絶対にしないでください。
●使ったあとはきれいにブラッシングして、風通しのよいところで保管してください。

<ナイロンスーツケースについて>

革鞄に比べれば、ナイロン製のスーツケースのお手入れ方法はとても簡単です。

汚れが気になってきたなら、または月に1度くらいの頻度で、硬く絞った濡れタオルで拭くだけで十分に長く使用できます。

また、それでは落ちない汚れの際は薄めた中性洗剤をつけたタオルで叩くように拭けば良いでしょう。

それでも落ちない頑固な汚れには、中性洗剤で優しく手洗いする方法を使います。

表面のコーティングが剥がれてしまったり撥水効果が無くなってしまうので洗濯機での選択や丸洗いは避けること。

 

<アルミ合金スーツケースについて>

アルミ合金のと言うと主にゼロハリバートン・りモア・バーマスでしょうか。

軽い汚れはガラスクリーナーやガラス磨きで磨いてから乾拭きで仕上げます。

カーワックスで磨くと落ちる汚れがある場合もあるようですが、研磨剤が入っているのでポリッシュや色つきの物には絶対に使わないように。

<ポリカーボネットスーツケースについて>

何だか聞きなれない「ポリカーボネート」。ポリカーボネートとは、熱可塑性プラスチックの一種です。

こちらも薄めた中性洗剤をつけたタオルで汚れを取ります。その後に固く絞ったタオルで綺麗に洗剤を落としてください。

そして最後に乾拭きで仕上げます。

有機溶剤入りのガラスクリーナーはひび割れの原因になりますので使用しないこと。